ツクバノ山の「ガマ仙人」

P1010401

P1010493-001

 

動物村の仲良し3人組が長老の家に集まりました。エン坊の妹キキの怪我を直すのに
協力してくれたガマ仙人から、ツクバノ山の話を聞けるとあって、興味津々の様子です。

 
長老 : キキは傷口の血が止まって安心したのか、泣きやんでグッスリと寝ているな。

ガマ仙人: もう安心だぞ。そういえば、前回ここに呼ばれて来た時は、うさぎの赤ん坊
       が怪我をした時じゃったが、あの子は今、どうしているのかな?

長老 : 目の前にいるミミがその時の赤ん坊じゃよ。

ミミ : えっ、私なの?そんなことがあったの?私もガマ仙人の油で治ったの?覚えて
     いないけど、お礼を言わなくっちゃ。その節はどうもありがとうございました。

ガマ仙人: そうか、君があの時の子か。大きくなったのう。

しばらくは、当時の話で盛り上がりました。その後、話が一段落した頃合を見てポン吉
がシビレを切らして問いかけました。

ポン吉: ねえ、ツクバノ山ってどんなところなの?そこでガマ仙人は何をしているの?

コン太: 僕も知りたい。

ミミ : 私も知りたい。

ガマ仙人: おお、そうじゃった!それを聴くために、ここへ集まったのじゃったな。
       では、ワシの住むツクバノ山の話をしよう。あそこはワシたちガマガエルが
       ガマ仙人になるための修行をする山じゃ。そこでは今も仲間が修行をして
       おり、ワシは指導役じゃ。校長先生といったところかのう。
       ツクバノ山は岩場や滝など、心と体を鍛える修行に必要な環境が整ってお
       る。修行を終えると後ろ足の指が1本増えて6本になるんじゃ。前足の指が
       4本、後ろ足が6本で、四六のガマと呼ばれておる。
       このことは、すでに3人組には話したな。

ミミ : なぜ、ガマ仙人になることを目指して修行するの?

ガマ仙人: 理由はわからんが、先祖から受け継いだことじゃで、自然に修行したくなる
        んじゃよ。仙人になったガマガエルたちは人間を含めて、多くの生き物た
        ちの役に立っておるぞ。今回の怪我の治療もそのひとつじゃ。

ポン吉: 人間も含めてって、人間の怪我も治してあげるの?

コン太: 僕たちは人間のいるところには行ってはいけないんだよ。

ガマ仙人: ワシらは特別で人間たちと一緒に暮らせるんじゃ。なぜかというと、あそこで
       はワシらは人気者なのじゃよ。ツクバノ山には口を大きく開けたガマの姿を
       した巨石があり、人間たちは「ガマ石」と呼んでおる。その石は人間の通る
       道沿いにあるから、人間たちはその前を通る時、立ち止まって足元にある小
       石を拾い、「ガマ石」の口の中に投げ入れるのじゃ。
       運良く1回で口の中に収まると願いが叶うと信じておるんだな。たまに、入る
       まで何回も挑戦しておる人間もおるぞ。「ガマ石」は人間にとっては幸せを願
       う場所、ワシらにとっては大切な修行場なのだ。人間たちはこのガマ石と同じ
       姿をしているワシらに親しみを覚えるんじゃろうな。

ミミ : なるほどね。でも「ガマ石」がガマガエルさんの姿に似ているだけで、人間が攻撃
     したり、捕まえたりしない理由になるのかな~。

ガマ仙人: 鋭い指摘じゃ。先程話に出たが、ワシの背中から出たガマの油は人間が怪我
       をした時の血止めにも効くのじゃ。人間はワシらの背中からガマの油を集めて
       塗り薬を作り、持ち歩ける血止め薬として使っておるのじゃ。だから、人間はワ
       シらを大切にしてくれるんじゃよ。
       これで一緒に暮らせている理由がわかったかな。

長老 : ツクバノ山は特別な場所なのだよ。この動物村でも人間と一緒に住めると思うの
     は間違いだぞ。ツクバノ山でも、ガマ以外の動物たちは人間とは鉢合わせしない
     ように暮らしているはずだ。ガマ仙人たちだけが特別なのだ。私が人間たちの生
     活に詳しいのは、ガマ仙人やフクロウ博士から人間の話を聞いて学んでおるから
     なんだよ。

ポン吉 : 僕たちもガマの油を薬にして持ち運べたらいいのにな~。

ガマ仙人: ワシらが出す油をどうやって薬にするのかはワシにもわからない。
       人間たちは賢いからの~。

コン太: それにしても、ガマ仙人さんは人間と一緒に暮らせるんだね。すごいナ~。

ガマ仙人: それではもうひとつ、話をしよう。人間は面白いことを考えつくもんじゃ。
       ガマの油が血止めに効くことを、自分たちの仲間に知らせるために変な
       服装をして、独特の口上とやらを披露しながら、わざと自分の腕に傷を
       つけて血を流すんじゃ。そして、その傷口にガマの油を塗って実際に血
       が止まることを見せている。人間は実際に血が止まることを、目の前で
       見ないと信用しないのかもしれんな。ワシにも、そのへんの人間の行動
       はよくわからん。

ミミ : 口上って何?

ガマ仙人:口上とは仲間の気を自分に引きつけるための話し方じゃ。面白いからワシ
       が覚えている範囲で実際にやって見せてやろう。
       準備をするから待っていなさい。

物陰に隠れたガマ仙人と長老はゴソゴソと準備を始めました。3人組は何が始まるの
かとワクワクしながら待ちました。やがて変な帽子をかぶり、長い棒を持って出てきた
ガマ仙人は準備した小道具の名前や使い方を説明した後で、独特の口上を始めまし
た。

“サ~テお立会い。手前 ここに取り出したる刀は、名工・正宗が暇にあかして鍛えた
という代物である。実によく切れる。エイッ 抜けば玉散る氷の刃。それでは、腕を切
ってご覧に入れる。エイッ・・・、出た!血だ!しかし、心配はいらない。
傷口にこの「ガマの油」をひと塗りすれば、またたく間にピタリと血は止まる。”

ガマ仙人の熱演は延々と続きました。この日は夜遅くまで長老の家は賑やかでした。
仲良し3人組にまた新しい友達ができましたね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。