鬼は外!

Scan-001

オニオ:おいおい、どうして耳を隠しているんだい?寒いのか?

オニコ:それもあるけど、今日は耳を覆っていたいのよ。

     「鬼は~ソト!」って声があちこちから聞こえるのが嫌なの。

オニオ:なんだ、そんなことを気にしてるのか。

オニコ:お兄ちゃんは気にならないの?あんなに私たちを目の敵にして、硬い豆を投げ

     つけているのよ。どうして私たちは追い払われなきゃいけないのかな~

オニオ:ウ~ン、よくわかんないね。お父さんに聞いてみようか。

     ねえ、お父さん、どうして人間達は今日、「鬼は~ソト~」って豆を投げるの?

オニ父:そうだな~、私達にとって今日は厄日だよな。説明するのが難しいけど、こう

     いうことじゃないかと思ってるんだ。君達も何か嫌なことや、うまくいかない

     ことがあると、誰かのせいにした覚えはないかい?

オニオ:そういえば、思い当たるよ。

オニ父:だろう?そいつがいるから、いけないんだ。そいつがいなくなれば嫌な事は起き

     ないで、平穏に過ごせるのに・・・と思ったことがあるはずだ。

オニコ:あるある、私もそう思ったことがあるわ。

オニ父:人間だって、自分達の家に不幸や不運を入れたくないし、もしも、すでに家の中

     にそういうものが入り込んでいるとしたら、追い出したいはずさ。苦の種を

     「鬼」というものに仮託して、自分達の家から追い出そうとしてるんだよ。

オニコ:嫌なものを追い出そうとしたり、入ってこないように願うのはわかるけど、どう

     して、それが「鬼」なんだろう?

オニ父:そこのところは謎だな。人間に聞いてみるしかないよ。まあ、人間には人間の考

     え方があるし、鬼には鬼の考え方がある。価値観が違う者がすることを、完全

     に理解するのは困難だということだな。今日のところは、人間が厄災と考えて

     「鬼」と呼ぶものになりきって、硬い豆を受け止めてやろうよ。

     この豆は厄災の芽が出ないように炒ってあるようだから、「美味しい食料を手

     に入れてラッキー!」くらいに考えたら、気持ちが楽になるさ。

オニオ:そうだね。人間達が鬼をやっつけるつもりで投げた豆を粉々に噛み砕いて、飲み

     込んじゃえばいいんだよね。

オニコ:うん、うん、それがいい。この豆、結構美味しいよ。どんどん投げて~。

オニオ:う~ん、ウマイ!!もっと投げていいよ~ ほら、こっちだよ~

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。