仲良し3人組からの年末ご挨拶

Scan-001

 

この一年間、当ブログにお付き合いを頂き、ありがとうございました。

2012年の11作品に続き、2013年も9作品に登場した「動物村の仲良し3人組」シリ

ーズの面々が年末のご挨拶を申し上げます。

コン太:おいおい、聞いていないぞ。突然の指名は迷惑だよね~。

ポン吉:そうだ、そうだ。どうすりゃいいのか、わかんないよ。

ミミ :でも、一番多く出演させてもらったから、挨拶くらいしないと悪いわ。

コン太:そう言われてみれば、その通りだね。それじゃ~、この一年を振り返って

     印象に残ったことを思い出してみようか。

ポン吉:僕は水の精たちに会ったのが嬉しかったな。去年は「カッパの川太郎」だ

     けだったけど、今年は雪だるまに変身していた「レイニー」。

     そして滝つぼに住んでいる「ナマズの王様」。

コン太:僕は長老の家で会った「フクロウ博士」。言葉を話せる鳥なんて初めてだ。

     鳥といえば、あの巨大な卵から生まれた翼竜の赤ちゃんは、今どうして

     いるのかなあ~。それに「おさわがせ天狗」も忘れられないな。

ミミ :私は「花の精の音楽隊」。とっても可愛かったわ。また会いに行きましょうね。

ポン吉:レイニーに貸したマフラーと帽子が戻ってきて、それが天狗さんの帰り道

     を見つけてくれるなんて思わなかったから、驚いたよ。

コン太:驚くといえば、この間の「幻炎の森」。僕はてっきり山火事だと勘違いし

     ちゃった。山を真っ赤に染めるなんて、人間はすごいものを発明するん

     だね。

ミミ :フクロウ博士と花の精たちは知り合いなのかな?今度聞いてみようかな。

ポン吉:ナマズの王様とは再会を約束したから、春になればきっと会えるね。

     楽しみだな。

コン太:でも絶対に王様を笑わせてはダメだよ。地面が揺れると恐いからね。

ミミ :ひとつ、忘れてるものがあるわよ。

ポン吉:全部思い出したと思うけど、ほかに何かあったっけ?

コン太:え~っと、僕も分からない。

ミミ :ほら、私たちが人間のテレビに映し出されたことよ。忘れちゃったの?

ポン吉:そうだ!「人間の世界に近づきすぎると危険」という警告だと長老が言

     ってたな。

コン太:人間って怖いよね。夜でも森の中を監視できる機械を発明しているんだもの。

     真っ赤な森といい、人間の発明力には恐れ入ったよ。注意しようね。

ミミ :私たちの思い出話はこれくらいにして、そろそろ年末のご挨拶をしましょうよ。

ポン吉:そうだね、今年も僕たちの体験談を読んで頂いてありがとうございました。

コン太:来年は僕たちの体が一段と逞しくなるはずだから、もっと大きな冒険をするぞ。

     そして大人たちの仕事もいっぱい覚えるよ。

ミミ :私もお母さんから「たくさんお手伝いしてね」と言われているの。頼りにされ

     ているから頑張らなくっちゃ。

     それでは最後に声を揃えて、皆さまに年末のご挨拶をしましょうよ。

全員 :来年も週1回の掲載ペースのようです。私たち3人組も何度か登場すると思いま

     すので、どうぞご期待下さい。

     引き続き、ご愛読の程、よろしくお願い申し上げます。

 

新しい年が皆さまにとって素晴らしい年になりますように。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。