父へのバレンタインデー・プレゼント

DSC04866-001DSC04867

 

娘:お父さん、これは私からのバレンタインデー・プレゼントです。はい、どうぞ。

父:チョコレートかい?嬉しいな。

娘:残念でした!中身を見てよ。

父:アレッ、指先が無い手袋だ。

娘:そうよ。健康診断でメタボリックシンドロームの危険度3と認定されたお父さんに

   チョコレートをプレゼントするわけにはいかないでしょ。

   だから、今回は私が編んだこの手袋にしたのよ。

父:気を遣ってくれたのか、それはありがとう。実は、このあいだ、たまたま君がこの

   形の手袋をしてパソコンを操作しているのを見て、「僕も欲しいな・・」と思っ

   ていたんだよ。チョコレートよりもこっちのほうが嬉しいな。

娘:気に入ってくれた?実は、もうひとつプレゼントがあるのよ。

父:エッ、まだあるの?

娘:うん、これもどうぞ。

父:オッ、手編みの靴下だ。履いてみてもいいかい?

娘:もちろん、いいわよ。

父:ドッコイショ。最近は身体が硬くなって、椅子に座らないと靴下が履けないんだよ。

   年はとりたくないもんだな。

娘:身体が硬くなっただけじゃなくて、お腹が出っ張ってるから履きにくいんじゃない

   の?それに、年をとるのは自然の摂理。あきらめが肝心よ。

父:お母さんに似て、相変わらず辛辣だな。だけど、この靴下も手袋も僕にピッタリだ。

   暖かいな~。

娘:お母さんが貯め込んでいた在庫の毛糸を使って作ったから、好みの色じゃないかも

   しれないけど、使ってくれると嬉しいな。

父:もちろん使わせてもらうよ。色も悪くないしね。ありがとう。そうだ、お母さんに

   見せびらかしてこよう。

娘:お母さんなら3日前から同じ形の手袋と靴下を使ってるわよ。気付かなかったの?

父:全然、気付かなかったよ。マズイな。

娘:相変わらず、お母さんのことをちゃんと見ていないのね。そんなことじゃダメよ。

   「僕もお母さんと同じものをもらったよ。」とかなんとか言って、見せてくれば?

父:そうだな。それがいい、そうするよ。サンキュー!「おかあさ~ん、あのな・・」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。