雪ダルマがしゃべった!

Scan

 

動物村にたくさんの雪が積もったある日、3人組は雪ダルマ作りのために集まりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ポン吉:みんな、雪ダルマ用の小道具を持ってきたかい?僕は丸い石と帽子を持ってき

     た。

コン太:僕は鼻に使えそうな短い白樺の枝と杖用の木を持ってきたぞ。

ミミ :私はニンジンとおしゃれなマフラーを持ってきたわ。

ポン吉:よ~し、これから始めるぞ。まずは小さな雪の玉を作って、それを転がしてどん

     どん大きくするんだ。よ~い、スタート!

ミミ :私も一緒に転がすね。ヨイショ、ヨイショ。

コン太:お~い、手を止めてこっちへ来てくれよ。こんなところに雪のかたまりがあ

     るぞ。僕たちより先に誰かが雪ダルマを作りかけたみたいだな。

ポン吉:本当だ!まだ雪ダルマとは言えない形だし、目も鼻も口もついてないね。

コン太:ちょうどいいじゃないか。そんなに大きくないけどみんなで形を整えて、

         これに顔や手を付けようよ。

ミミ :賛成、雪の玉を転がしてたら手が冷たくて、しびれてきたところだったの。

     これを使って私たちの雪ダルマに仕上げましょうよ。

ポン吉:手間が省けるね。よし、雪ダルマらしくなったぞ。僕が持ってきた石は目に
    

         するよ。

ミミ :ニンジンは口にしようかな。

コン太:白樺の木はやっぱり鼻にぴったりだよ。少し押し込んでしっかりと付けようね。

水の精:イテテッ!

コン太:エッ?今、雪ダルマが「イテテッ!」って言わなかった?

ポン吉:うん、言った。

ミミ :私も聞いた。

ポン吉:雪ダルマの中に誰かが入っているのかな?

コン太:もう一度、白樺の木を押し込んでみようか?ヨイショ。

水の精:痛いよ、ヤメテクレ~!僕の周りの雪を早くどけて助けてくれよ、お願いだ!

ミミ :やっぱり、中に誰か居るわ。せっかくの雪ダルマを壊すのは嫌だけど、

     どうする?

ポン吉:「助けて!」って言ってるんだから、急いで雪をどけようよ。

コン太:そうだよ。みんなでやろう。それっ、ヨイショ、ヨイショ。

水の精:フ~ッ、苦しかった。ありがとう、助かったよ。

ミミ :あなたはだ~れ?どうして雪ダルマになっちゃってたの?

水の精:僕は水の精。名前はレイニー。仲間たちと一緒に雲に乗って上空を飛んで

     いた時に、ちょっとふざけて逆立ちをしたんだよ。そしたら、よろけて

     落っこちてしまったんだ。積もった雪に足をとられて動けなくなってたら、

     上からどんどん雪が降ってきて、とうとう埋もれてしまったんだよ。

     さっきまで気を失ってたみたいだから、君たちが来なかったら一体どうなっ

     ていたんだろう。考えただけでゾッとするな。

     助けてくれて本当にありがとう。

ミミ :水の精ですって?夢を見ているみたい。信じられないわ。

水の精:驚かせてごめんね。ゆっくりと話していたいけど、すぐに仲間を追いかけ

     なければいけないんだ。春になったら必ず君たちのところに戻ってくるよ。

     この帽子とマフラーはそれまで借りておくね。

     帽子をかぶって、これに乗れば早く追いつくんだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そう言うと、水の精・レイニーはミミのマフラーを地面に広げて、コン太が持ってきた

杖用の木をマフラーに向け、何やら呪文らしきものを唱えました。するとマフラーは大

きく広がり、帽子をかぶったレイニーが飛び乗った途端に、フワリと空中に浮き上がり

ました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
水の精:さようなら。春になったら必ず君たちのところに戻ってくるからね。その時には、

     お礼がわりにこの帽子とマフラーを素敵な物に変身させて返すよ。じゃあね。

ミミ :もう行っちゃうの。もっといっぱいお話したいのにな。

ポン吉:水の精がマフラーに乗って空を飛ぶなんて、誰も信じないだろうね。

コン太:さようなら、さようなら。あ~、行っちゃった。

ミミ :夢を見たんじゃないよね

ポン吉:僕たち、おもしろいものと良く出会うけど、長老はまた信じてくれないだろうな。

3人組だけの秘密がまた増えたよ。

コン太:春になったらどんな形で会えるのかな~。楽しみだね。

全員 :♪ 春よ来い 早く来い
      あるきはじめたみいちゃんが、赤い鼻緒のじょじょはいて

      おんもへ出たいと待っている           ♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
素敵な冬の思い出を胸に、3人組は春の訪れを待ち望むことになりました。

さて、水の精・レイニーは帽子とマフラーをどんな素敵な物に変身させてくれるの

でしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。