お姉さま事件です!パート2

Scan-001

 

第5話 招待旅行に当選

  妹 :お姉さま事件です!スーパーのクイズに当たって、バス旅行に行けるのよ。

     私、何を着て行ったらいいのかしら。お土産は何がいい?

  姉 :何、言ってるの!まず、招待券か優待券かを確かめてごらん。優待券ならお金

     を払わなくてはいけないのよ。

  妹 :そっか!ありゃ?!2割引きの優待券だった。旅行は夢と消えたか。あ~ぁ!

 

第6話:神隠し

  妹 :お姉さま事件です!今までそこにいた猫のタマが急にいなくなっちゃった。

     どうしよう。神隠しにでもあったのかな?

  姉 :何、言ってるの!また大げさなんだから。部屋から出て行っただけじゃないの?

  妹 :違う。部屋は閉めてあるから出られないわ。どこ探してもいないの。

     どうしよう。

  姉 :しっかり探してみようよ。何か変わった所はないの?

  妹 :きゃ~!リュックが動いている。恐い!

  姉 :ちょっと待って。タマをリュックに入れたままチャックを閉めたんじゃないの。

     ほら、鳴き声が聞こえるわ。タマが怒ってるわよ。

  妹 :そっか!タマ、ごめんなさい。すぐに出してあげるね。

 

第7話 泥棒さん

  妹 :お姉さま事件です!庭の虫が急に鳴きやみました。誰かが家に近づいて来たんだ

     わ。泥棒かもしれない。バットを持って戦いましょう。

  姉 :何、言ってるの!虫の音が止まっただけで少しおおげさじゃない。

     きっと犬か猫が通ったのよ。

  妹 :違います。絶対に泥棒さんです。最近、近所の家に空き巣が入ったって、回覧板

     が来てたでしょう。それに今、ガサゴソって音が聞こえたもん。

  姉 :泥棒さんは音をたてないわよ。さっきお父さんが出て行ったから、お父さんじゃ

     ないの?

  妹 :そっか!お父さんね、きっと。静かな住宅地にいると、音に対して敏感になっ

     ちゃうのが欠点ね。ヘヘヘ・・・

第8話 家の鍵

  妹 :お姉さま事件です!家の鍵が見つからないの。警察に紛失届けを出した方がいい

     のかな?それとも盗難届けの方かな?

  姉 :何、言ってるの!きっとあなたの置き忘れよ。鍵はすぐ近くにあるわ。

  妹 :お姉さまはどうして自信たっぷりに近くにあると言えるの?失くしたのは私よ。

  姉 :じゃ~ん。これでしょ。玄関の鍵穴にさしっぱなしだったわよ。

  妹 :そっか!ありがとう。自信たっぷりに言える理由がわかった。まずい、まずい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。