LED電球の抱える課題

主流

菊男:我が家もLED電球に取り換えようかと考えているけど、LED電球にもまだ課題が

   あると言っていたね。もう少し、詳しく聞かせてくれないかな。

有三:第4世代の灯りとして登場したLED電球だけど、「低消費電力&長寿命だが、

   理想の万能電球ではない」ようだ。大手メーカーも、異口同音に「現段階では

   LED電球と蛍光灯を、特性に応じて使い分けることがベスト」と話しているよ。

菊男:「特性に応じて使い分ける」とはどういうことなの?

有三:白熱電球は除外して、LED電球と電球型蛍光灯の比較で話しを進めるよ。

   まず、購入後のランニングコストの差は大きくないんだ。だから、省エネ性だけ

   を目的に、電球型蛍光灯を高価なLED電球へ置き換えることは、経済的な面から

   は合理的とはいえないね。そして、同じW数タイプでも特性が違うから、適材適

   所の使い分けが必要なんだよ。

菊男:省エネに貢献するというだけでの理由で購入すると経済的な負担が大きいわけ

   ね。 なるほど、特性の違いとは?

有三:発光特性の問題だね。電球型蛍光灯は部屋全体を明るくする用途などに適して

   いるけど、LED電球は、光が直下に集中し電球の横や後ろの発光は非常に弱いん

   だ。だから暗くなる。この特性は近い将来改善される可能性が高いけど、現在の

   改善策として小さいLEDを多く配置して蛍光灯的に使う商品が市場に出ている。

   だけど高価だね。

   だから、LED電球の現状ではダウンライトやスポットライトなど、ある部分を照射

   する器具としての使用が最も効果的だよ。

菊男:騒がれているLED電球の良さがまだ話に出てこないよ。

有三:LED電球には4万時間という長寿命性がある。この特性は、高所や狭所など電球

   交換が容易ではない場所には最適だね。また屋外灯など、電球の交換作業回数を

   減らしたい場合にも有効になるね。屋外での使用には、LED電球の特性である

   低紫外線効果により、虫が寄りつかないというメリットもあるんだ。

   さらに低紫外線がもたらすメリットとして、商品などを照らした場合に劣化、

   いわゆる照明焼けをさせにくいことがあるね。洋服や人形などを長期間ショー

   ウィンドーなどで飾る際には最適だね。

   デメリットとしては、色の見え方に大きく影響する演色性は、電球型蛍光灯の方

   が高く、LED電球はメーカーによって低いものがある。料理など色の見せ方にこ

   だわりを持つものへの照射は、蛍光灯が望ましいといえるよ。

菊男:最近は直管型のLEDも出てるけど、どうなの?

有三:直管型蛍光灯に置き換わるLEDランプも発売されているけど、こちらも留意すべ

   き点があるんだよ。既存で設置されている直管型蛍光灯器具の大半が、LEDラン

   プ装着を想定した設計になっていないこと、しかも、前述した発光特性の違い

   から、部屋全体を照らす蛍光灯と同様の明るさを得るためには、器具の増設など

   が必要になる場合があるんだ。現段階では「直管型蛍光灯のLEDへの置き換えは

   慎重な検討が大切」というメーカー関係者は多いんだよ。

菊男:なるほど。家電店で各メーカーのカタログを集めて比較して見たら、省エネ性能、

   長寿命性、きれいなあかりそしてエコであることが強調ポイントだった。

   特に「きれいなあかり」「雰囲気に合わせた光の調光」で各社が競っていたね。

   確かに、居間の灯りとしては値段が高いと言うのが実感だが、蛍光灯にない細や

   かな光の調光は魅力的だと感じたよ。

有三:その調光技術でLED電球の普及を図ろうとしているのが現状だと私も思うよ。

   でも、注意してほしい点があるんだ。深刻な問題だよ。

菊男:LEDが抱える深刻な問題という意味なのかな?

有三:ある意味でそう言えるね。実はLEDは光の三原色で人工的に作っている光りなん

   だ。だからどんな色の調光でも作ることができるんだね。このうち、青色の色調

   が問題になっているんだ。

菊男:光の三原色についてはこのブログで学んだけど、青色が問題というのは理解でき

   ませんね。説明してくれる。

有三:光は色によって波長の長さが違うことは知られているね。青色は最も波長が短い

   色なんだ。この短い波長の物を長く見ると目に障害が出るんだよ。

   だから、パソコンから発する青い色は長く見ない方がいいんだ。部屋の照明とし

   て青色を強調したものはよくないよ。

菊男:もう少し詳しく教えてくれる。

有三:紫外線による傷害の可能性につては広く知られているね。サングラスをかけて街

   を歩いていますからね。波長が紫外線に近接している青色光も人体に傷害を及ぼ

   す可能性があるんだよ。白色LEDの光はこれまでの光源に比べて青色成分が含

   まれる割合が非常に高いため、専門家によって問題が指摘されているんだ。

   さらに、問題の青色光そのものを発光する青色LEDの場合はさらにその危険性が

   網膜への傷害として指摘されているね。「青色光による網膜光傷害」という病名

   までついているんだ。

菊男:居間に使うLED電球については再考する必要がありそうだね。とても勉強になりま

   した。どうもありがとう。

有三:市販の家庭用LED電球に関しては安全性の確認ができているので、問題ないと

   認識しているけど、こういう知識は持っていた方がいいと思うね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。