≪じいじ!「あれな~に?」「これな~に?」≫ (パート1)

thumb5-002

 

第1話 飛行機雲

 孫  :じいじ!空に白い線が2本長く伸びているよ!あれな~に?

じいじ:あれは飛行機雲だよ!飛行機雲ができるのは、空の高さが、地面

     から約6,000m以上でないとできないんだ。この6,000mの高さだ

     と温度もかなり低いんだよ。

     そのために、そこにできる雲は、ほとんどが氷のつぶでできてい

     るんだ。この高さを飛行機は飛んで行くのだから、飛行機のエン

     ジンから排出される水蒸気は、全部、氷のつぶになってしまうの

     さ。それが地上から見ると白い雲のように見えるんだね。

     もう一つ、空気が薄くて、高いところを飛行機が飛ぶと、その後

     ろに、小さいうずまきができるんだよ。このうずまきが、まわり

     の空気の温度を急に下げて、雲を作り出すこともあるんだ。

     このように、飛行機雲ができる理由は、水蒸気とうずまきの2つ

     が考えられるんだけど、実際には、どちらか片方だけではなく、

     両方の原因が重なってできる場合が多いみたいだ。

  孫  :ふう~ん。飛行機雲は氷なんだ。日本中の人が食べても食べきれ

     ないほどの「氷アイス」が作れるね。

 じいじ:でも、エンジンから排出されて生まれてくるアイスだから、アブラ臭くて

      食べられないんじゃないかな。

 孫  :じいじ、お願いだから僕の夢をつぶさないでよ。

 

kamatamago_photo-001

 

第2話 カマキリの卵

孫  :庭の木に変なものが付いているよ!これな~に?

じいじ:これは「オオカマキリ」の卵だ。ふわふわした発泡ウレタン状の

     ものに包まれていて、冬の寒さを防ぐ断熱材の役割をしているの

     だよ。

     外からは分からないが、中では小さな幼虫が生まれる日を心待ち

     に少しずつ成長しているんだ。卵は5月頃、晴れた日の午前中に

     孵化するらしい。その数は数百匹にもなる。写真で見たが、卵

     の下に連なる様子は見事だ。

     しかし、その瞬間を見るのは難しく て、気が付いたらもぬけの

     からになっていることが多いのだ。

     なんとか撮影してみたいな~。

孫  :簡単だよ。ビデオで定時撮影すればバッチリだ。

じいじ:なるほど、定時撮影か。孫に教えられたな。やってみるか。

孫  :でもバッテリーが切れたら写らないよ。

じいじ:おいおい。やる気を削ぐようなことは言うなよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。