ミミのお見舞い

DSC00376-001

 

出演者:・ウサギのミミ   ・キツネのコン太 ・タヌキのポン吉  ・サルのモンチ
     ・ヤギのヤギー   ・イノシシのシシ夫

コン太:お~い!ミミちゃん大きなリュックを背負ってどこへ行くの?

ポン吉:ずいぶん重そうだね。リュックが落ちそうだよ。

ミミ :う~んと。どっこい。ちょっと、ひと休み。
    あら!今、声を掛けてくれたのはコン太さんとポン吉さんね。

コン太:そうだよ。ずいぶん大きなリュックを背負っているけど、何が入っているの?

ポン吉:ミミちゃん。それをどこへ持って行くんだい。

ミミ :丘の上のおばさんの家に野菜を届けるのよ。足を怪我して買い物に行けないか
    らお手伝いなの。だいこん、にんじん、じゃがいも、みんな重いものばかりよ。
    特に、にんじんは大好物だからいっぱい持っていくの。

ポン吉:重そうだね。僕たちが手伝ってあげるよ。3つに分けたら軽くなるだろう。

ミミ :ありがとう。助かるわ。
    でも手伝ってくれるなら、もっと持っていきたいものがあるの。いいかな?

コン太:僕たちは男だからどんな重いものでも平気だよ。持ってきて。

ミミ :実は重いからあそこに置いて来たんだけど・・・・

ポン吉:やや。これは大きなかぼちゃだ。重そうだな。

コン太:男の約束だから、このかぼちゃは僕たち二人で持っていこうよ。

ポン吉:わかった。でも手伝うなんて言わなきゃよかったな・・(ブツブツ)・・


ミミ :ずいぶん丘を登ってきたわね。あら!あそこにイノシシさんがうずくまっているわ。

コン太:イノシシさん。大丈夫ですか?どこか悪いのですか?

シシ夫:この間の大雨で山に食べ物がなくなったから、腹ペコで動けないんだよ。

ミミ :ま~あ、かわいそう。この野菜の中から好きな物を食べて元気をだしてください。

シシ夫:いいのかい。ありがとう。
     それではこの大きなカボチャを全部食べても良いかい。

ミミ :いいわよ。おばさんはかぼちゃがあまり好きじゃないから大丈夫よ。


シシ夫:ああ~あ。おいしかった。おかげで元気になったぞ。
     お礼にみんなを背中に乗せて、おばさんの家までつれていくよ。

ミミ、ポン吉、コン太:ありがとう。疲れていたから大助かりだ。

ポン吉:荷物も軽くなったし、ラクチンできるし、うれしいな。


ミミ :シシ夫さんの背中は高いのね。遠くまでよく見えるわ。あら!あそこに猿さん達
    が集まっているわ。何かあるのかしら? ね~、どうしたの?

モンチ:この間の大雨で山に食べ物がなくなって、ここまで下りてきたんだけど、子ども
     たちがお腹をすかして動けなくなっちゃったんだよ。

ミミ :まあ~かわいそう。ここにある野菜でよかったら食べてくださいな。

モンチ:ありがとう。遠慮なく頂くよ。さあ~、みんな出ておいで。いただきます。

ミミ :おばさんが大好きなにんじんだけは残してね。


モンチ:本当にありがとう。おかげで子どもたちの命が助かった。
     この道は崖崩れで通れないから、食べ物のお礼におばさんの家まで道案内す
     るよ。

ミミ :ありがとう。でもリュックの中はもうにんじんしか残っていないわ。どうしよう。
コン太、ポン吉:おばさんが好きなにんじんがこんなに残っているから大丈夫だよ。

ミミ :そうよね。モンチさん、道案内をお願いします。


モンチ:この岩場の向こうがおばさんの家だよ。もう少しだ。

ミミ :あそこでしゃがんでいるのはヤギさんじゃない。元気がなさそうね。どうしたの?

ヤギー:この間の大雨で山に食べ物がなくなって、お乳が出なくなり、子どもたちがお腹
     を空かしているのよ。

ミミ :まあ~、かわいそう!ここにはにんじんしかないけど、よかったらどうぞ。

ヤギー:本当にいいのですか?とても助かります。皆さんは子どもたちの恩人です。

ポン吉:でも、これをあげちゃったら、おばさんの家に持っていく野菜が無くなるよ。

ミミ :大丈夫よ。おばさんにはお見舞いに来たことにして、野菜は今度持ってくるわ。

コン太:あれだけあった野菜が一つもないよ。本当にいいのかな。

ヤギー:事情も知らないで、みんな食べてしまってごめんなさい。
     お礼におばさんの家まで行って、私のお乳を少しあげましょう。
     このお乳はどんな怪我や病気も治してくれるのよ。

ミミ :本当!うれしいな。野菜よりもっと素敵なお土産ができたわ。


ミミ :おばさん!こんにちは。お見舞いに来たわよ。約束の野菜は無くなっちゃったん
    だけど、私の顔を見れば元気になるでしょ。

ポン吉:ヘッヘッ、野菜はあるよ。にんじんをポケットに隠しておいたんだ。

コン太:ヘッヘッ、僕のポケットにはじゃがいもがある。

ミミ :まあ~。えらい。ところで、シシ夫さん、モンチさん、ヤギーさんが見えないわね。

ポン吉:あれを見て!軒下にミルクと小さい野菜の種がいっぱい並んでいるよ。

ミミ :ミルクを飲んで、ここで野菜を作りなさいっていうことかな。
    そうすれば、おばさんは下まで野菜を買いに行かないですむものね。

ポン吉:あの方たちは神様の使いかもしれないな。

コン太:なんかキツネにつままれたみたいだ。

ポン吉:コン太が言うとおかしいね。

(全員でハッハッハッ・・・・・)

ミミ :今日は不思議な体験をしたわね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。