コン太の見た夢

DSC00372-002

 

出演者:キツネのコン太, タヌキのポン吉, ウサギのミミ, 長老

ポン吉:ミミちゃん、近ごろキツネのコン太の様子が変なんだよ。

ミミ :どんなふうに変なの?

ポン吉:一人で腕を組んでブツブツつぶやいたり、急に空を見上げたりして、
     声をかけたって返事もしてくれないんだ。

ミミ :親友のポン太さんに声をかけられても、返事をしないのはおかしいわね。
    どうしたのかしら?

ポン吉:あっ!うわさのコン太が来たぞ!今日も腕を組んでブツブツいってるみたいだ。
     今日はミミちゃんが声をかけてくれないかな。

ミミ :いいわよ。コン太さ~ん。

ポン吉:ほら!こっちを向かないし、返事もしないだろう。

ミミ :それじゃ、二人で一緒に声をかけてみましょう。

ポン吉:おお~い!コン太く~ん。

ミミ :おお~い!コン太さ~ん。

コン太:なんか、呼ばれたみたいだな。あれ、あそこにいるのは仲良しのミミちゃんと
     ポン吉君じゃないか。なにをしてるんだろう?

ポン吉:なにをボヤッと歩いているんだい。返事ぐらいしろよ。

コン太:やっぱり呼んでいたんだ。そこでなにしているの?

ミミ :なにしてるの?じゃないわよ。コン太さんの様子が変だから心配して声をかけたのよ。

コン太:そうだったのか。心配させてごめんね。僕、変な夢を見て悩んでいるんだ。

ポン吉:どんな夢なのか、僕たちに話してごらんよ。

コン太:聞いてくれる?実は夢の中で神様から「私の好きな食べ物をもってきてほしい」
    と頼まれたんだ。「好きなものってなに?」って聞こうとしたら、目がさめちゃっ
    たんだ。だからなにを、どこへ持っていったらいいのかわからないんだ。
    それで悩んでいるんだよ。

ミミ :それは夢の中の話でしょ。なにもしなくて大丈夫だと思うな。

コン太:でも毎日、同じ夢を見るんだよ。なんとかしてあげたいと思うだろう。
    好きな物ってなんだろう。どこへ持っていったらいいのかな?

ミミ :う~ん・・・ そんな難しい話は私たちが考えたって分からないから、
     村の長老に聞いてみるのがいいと思うな。

コン太:そうか。長老はなんでも知っているから、わかるかもしれないね。
     これから三人で聞きに行こう。

長老 :フム、フムなるほど、話の内容はわかった。しかし、これは難問じゃな。
    どうしたらよいかな。今すぐには答えがでないぞ。少し考えさせてくれるかい?

ミミ :じゃあ。明日また来るね。

長老 :わかった。それまでに答えをみつけておこう。


コン太、ポン吉、ミミ:長老!おはようございます。

長老 :みんな、おはよう。わかったぞ! 神様の家はどこにある?

コン太:森の奥にある神社だと思うけど。

長老 :そうじゃ。その神社を守っているのは誰かな?

コン太:僕たちの先祖から選ばれたキツネの勇者だよ。

ミミ :そうよ。神社の前で右と左に座って見張ってるわ。

ポン吉:うん。昔から決まっているんだ。

長老 :そうじゃな。その勇者たちが好きな物は「あぶらあげ」だな。
     おそらく、いつもお供えされている「あぶらあげ」が無くなったので、コン太に
     持ってくるように頼んだのじゃないかな。

コン太:思い出した!
     お父さんから「これからはあぶらあげを供えるのはコン太の役目だよ。
     忘れてはいけないよ」っていわれていたんだ。

長老 :そうじゃろう。神様はコン太にお父さんとの約束を思い出してほしいと思って、
     夢に出てきたに違いない。
     直ぐに持って行きなさい。そしたら、夢は見なくなるじゃろう。

コン太:きっとそうだね。これから直ぐに行ってくる。そして、もう忘れないよ。


ミミ :あっ!今日はコン太君が元気にボールけりをしているわ。

ポン吉:お~い。コン太。もう夢は見なくなったかい。

コン太:や~、ミミちゃんとポン吉君。もう見なくなったよ。二人のお蔭だね。
     本当にありがとう。

ミミ、ポン吉:それは良かった。これからは、また三人で遊べるね。

コン太:うん。いっぱいあそぼう!
      さっそく、かくれんぼしようよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。