陸に上がった貝 「カタツムリとナメクジ」

カタツムリ

子:アジサイの葉に大きなカタツムリがいたよ。そばにナメクジもいた。
  カタツムリの殻を取ったらナメクジになるのかな?
父:おいおい!カタツムリとナメクジは別の生き物だよ。カタツムリの殻
  は、体からしみだした石灰分で作られているんだ。
  殻は体にくっついているから、無理に体から引きはそうとすると、カ
  タツムリは死んじゃうよ。
  これは、アサリやハマグリの殻を無理にこじ開けて、肉を引き出すと
  死んでしまうのと同じことなんだよ。
子:カタツムリは殻を取ったらナメクジに似ているね。仲間なのかな?
父:そうなんだ!カタツムリもナメクジも同じ仲間で、先祖は海にいた
  貝なんだ。それが陸に上がってきてカタツムリになり、そこから一部
  がナメクジに進化したんだ。
子:本当に仲間なんだ!そう言えば、クジラは海から陸に上がった動物が
  再び海に戻ったと学校で教えてもらったな。貝が陸に上がってもおか
  しくないね。
父:海にいた生き物がどうして陸に上がれるようになったのか?
  その背景を説明してあげようね。
子:うん!面白そうだね。
父:一言で言うと「ストロマトライトという微生物が酸素のある大気をつく
  った」んだよ。
  もう少し詳しく話すと、地球誕生のころの地球には大気中の酸素はとて
  も少なくて、窒素と炭酸ガスがほとんどを占めていたんだ。
  そして10数億年前に「ストロマトライトという光合成バクテリア」が
  現われて、二酸化炭素とカルシウムを合成して酸素を放出しはじめたんだ。
  このストロマトライトは世界中に広がって、空気中の酸素濃度は徐々に上
  がっていったんだ。
  こうして4億年前にはオゾン層ができて、太陽から地表に降り注ぐ紫外線が
  抑えられたんだね。
  この結果、生き物が海から陸に上がれる条件ができたんだ。
  その頃に、貝も陸に上がってカタツムリになったと言われているよ。
  だからカタツムリは陸に上がってきた貝で、巻き貝の仲間なんだ。
  そしてもちろん、この殻が退化したのがナメクジというわけさ。
  実はイカやタコも貝類の仲間で昔は殻を持っていたそうだよ。
子:それは驚いた!でもどうしてナメクジは殻を退化させたの?
父:それは餌のある場所に適応したからだね。カタツムリは殻を持っているから、
  少し乾燥した場所でも生きていける。
  でも、ナメクジは常に湿気のある場所で生きることを選んだので、乾燥対策に
  必要な殻がいらなくなったんだと思うよ。
子:カタツムリは陸に上がってから形は変化したの?
父:カタツムリは外観の形態をほとんど変えずに、様々な地域で順応して1億年以上
  生き延びているんだ。
  カタツムリは活動範囲が限られているから、地球の環境変化を調べる指標生物
  としても重要な役割を担っているよ。
子:「ストロマトライト」って今でも見られるの?
父:見られるよ!世界遺産になっている西オーストラリアのシャークベイが有名だね。
  ここでは今でも酸素を作り続けているよ。
  一つ注意しておくよ!ナメクジは寄生虫を媒介する性質があるから、手で直接
  触らないでね。
stromatolites_hero.jpg

TWITTER

楽天ソーシャルニュース
楽天プロフィール
シェア

最終更新日 2012.05.31 22:58:35
コメント(0) | コメントを書く

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。